ピクテ・アセット・マネジメントのマルチアセット・ファンド責任者、パーシバル・スタニオン氏は昨年の英国民投票前に現金比率を30%に高めていた。おかげで欧州連合(EU)離脱が選ばれた後に下落した住宅建設株や鉱山株を割安に買うことができた。

  この成功の再現を狙い、フランス大統領選挙の第1回投票前夜の今も現金を積み上げ、2倍の19%に比率を高めた。安値で欧州株を仕込むためだ。

Portfolio allocations since Brexit vote by funds in BoAML survey
Portfolio allocations since Brexit vote by funds in BoAML survey

  決戦投票は極右のルペン国民戦線(FN)党首ともう1人の候補の対決となる公算が大きい。「一般的な予想はルペン氏が決選で敗れるというものだ」と同氏は話す。5月7日の決選投票で穏健な候補が勝利すれば、成長と企業利益が回復している中で株式相場は上昇すると同氏は予想。「現金のポジションを大きくする。現金にしておけばいろいろな選択肢をとれる」と語った。

原題:Fund Manager Who Called Brexit Hoards Cash for France Vote (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE