ドイツ銀行は、高リスクの市場取引を禁じたボルカー・ルール違反で米連邦準備制度理事会(FRB)から多額の制裁金を科された最初の銀行となった。また同行は、為替トレーダーが電子チャットルームを使って取引ポジションに関して競争相手と情報交換するのを許したとして、さらなる制裁金を科された。

  制裁金総額は1億5700万ドル(約170億円)。ドイツ銀は昨年3月、ボルカー・ルールに抵触する可能性がある取引のチェック体制がまだ十分整っていないとFRBに対し認めていた。

  FRBは20日、「ドイツ銀のボルカー・ルール順守プログラムの重要な側面の幾つかにわたり、大きな欠落が存在した」と指摘し、同違反については1970万ドルの制裁金を科した。チャットルームの問題では、為替トレーダーらが「危険で不当な行為」に関わり、一部のポジションを伝えたり、戦略の調整について話し合ったりしたことに気付かなかったと指摘した。この部分に関する制裁金は1億3690万ドル。

  ドイツ銀行の広報担当、ルネ・カラブロ氏は、「われわれは連邦準備制度とのこの民事問題を解決できてうれしく思う」と述べ、それ以上のコメントは控えた。

原題:Deutsche Bank Is First Bank Busted for Breaking the Volcker Rule(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE