コンテンツにスキップする

米国株:反発、ムニューシン長官発言で減税期待-金融株に買い

更新日時

20日の米株式相場は3日ぶりに上昇。企業決算が好感されたほか、ムニューシン財務長官の発言を受けてトランプ政権が早期に減税を実施するとの見方が強まった。

  ムニューシン長官は、財務省が近く大型の税制改革を提示すると明らかにした。S&P500種株価指数の業種別指数では金融が高い。アメリカン・エキスプレス(アメックス)が上げを主導した。18日にはゴールドマン・サックス・グループの下落が響き、同指数は大きく下げていた。

  S&P500種株価指数は前日比0.8%高の2355.84。ダウ工業株30種平均は174.22ドル(0.9%)上げて20578.71ドル。ナスダック総合指数は0.9%高の5916.78と過去最高値。

  ムニューシン長官の発言を受け、トランプ大統領の財政政策アジェンダが頓挫しつつあるとの懸念が和らいだ。この日はまた、ダラス連銀のカプラン総裁が今年3回の利上げはなお適切との認識をあらためて示したことを受けて、市場が織り込む6月利上げの確率は60%に向けて上昇した。

  S&P500種の業種別11指数では金融株指数が1.6%上昇。個別銘柄ではアメックスが6%近く上げた。同社の1-3月(第1四半期)決算では収入がアナリスト予想を上回った。

  エネルギー株指数は0.4%高。

  米証券取引所全体の出来高は67億株だった。出来高で目立った銘柄はユナイテッド・レンタルズやCSX、eベイなど。

原題:U.S. Stocks Jump on Tax Bets as Treasuries Slump: Markets Wrap(抜粋)
原題:MARKET WRAP: U.S. Stocks End Higher as Financials Rally(抜粋)

(第4段落以降を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE