コンテンツにスキップする

レイモンドJ:UMBファイナンシャルの2事業買収-運用270億ドル増

  • 債券運用のリームズと株式運用のスカウトがレイモンドJ傘下へ
  • 取引は全額現金で、年内に完了予定

米金融サービス会社レイモンド・ジェームズ・ファイナンシャルは米UMBファイナンシャルの資産運用事業2つを1億7250万ドル(約190億円)で買収することで合意した。レイモンドJの運用資産は270億ドル増加する。

  スカウト・インベストメンツとリームズ・アセット・マネジメントはレイモンドJの傘下のカリロン・タワー・アドバイザーズの完全子会社となる。レイモンドJが20日発表した。リームズは債券、スカウトは株式の運用が専門。取引は全額現金で行われ、年内に完了予定だと、UMBファイナンシャルが発表文で述べた。

  レイモンドJのポール・ライリー最高経営責任者(CEO)は、米国外や資産運用事業の拡大を目指して買収を繰り返している。昨年はカナダの資産管理会社、マクドゥーガル・マクドゥーガル・アンド・マクティアやドイツ銀行の米国内プライベートクライアント事業を買収で合意した。
  
原題:Raymond James to Buy UMB Units, Adding $27 Billion in Assets (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE