コンテンツにスキップする

欧州株:ストックス600が続伸-マクロン氏の優勢維持で仏株に買い

20日の欧州株式相場は上昇。指標のストックス欧州600指数は2日間の上げ幅が3週間ぶりの大きさとなった。フランス大統領選挙の第1回投票を23日に控え、最新の世論調査はマクロン前経済相がリードを固めている状況を示している。

  ストックス600指数は前日比0.2%高の378.06で終了。銀行や自動車、建設会社などを中心に景気敏感株が買われた。フランスのCAC40指数は1.5%高と、西欧の主要株価指数の中で最大の上昇率を記録した。

  CMCマーケッツ(ロンドン)のアナリスト、マイケル・ヒューソン氏はリポートで、CAC40指数は「今週末の投票でマクロン氏が決選投票へと進み、市場に友好的でないとみられるルペン国民戦線(FN)党首か共産党系のメランション氏を退けるとの見方から一段高となった」と指摘した。

  個別銘柄では、デンマークの宝飾品メーカー、パンドラが5%値上がり。2017年通期の業績見通しを据え置いた。

CAC 40 Advances

原題:European Stocks Rise With France’s CAC 40 as Macron Leads Polls(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE