ニューヨーク市のデブラシオ市長は20日、たばこによる健康被害を抑制するため、たばこ販売価格の引き上げなど法的措置を提案した。

  この提案には、たばこ1箱の最低価格を13ドル(現行10.50ドル)に引き上げ、たばこ小売店数を削減する他、550以上の薬局でのたばこ販売を禁止するー措置などが含まれる。こうした措置により、ニューヨーク市では喫煙者数が向こう3年で16万人減少する見込みだ。ニューヨーク市では年間1万2000人がたばこが原因で死亡していると推定される。

  デブラシオ市長は「ニューヨーカーの健康に関する限り、巨大たばこ産業は『社会の敵ナンバー1』だ」と述べた。そして、「次の世代が中毒になる中、手をこまぬいているわけにはいかない」と、たばこ被害抑制に向け決意を表明した。

原題:NYC Mayor de Blasio Proposes Raising Cigarette Pack Price to $13(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE