トヨタ自動車は19日、水素燃料電池を搭載した大型商用トラックの実証実験を米ロサンゼルス港で今年の夏から開始すると発表した。

  港の埠頭(ふとう)と近くの大手小売会社の倉庫の間を行き来することになる。水素燃料電池トラックが普及すれば、カリフォルニアの貨物輸送トラックから排出される大気汚染物質の削減を目指すブラウン知事の取り組みを支えることになる。

  トヨタの北米事業、トヨタ・モーター・ノース・アメリカ(TMNA)のボブ・カーター副社長はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「これは燃料電池の性能を実証する非常に重要なステップだとわれわれは考える」と語った。

原題:Toyota Puts Fuel-Cell Semi Truck to Test at Los Angeles Port (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE