NY外為:ドルが商品国通貨に対して上昇、対円でも高い

更新日時

19日のニューヨーク外国為替市場でドルが上昇。原油下落を手掛かりに商品輸出国通貨が下げているのが背景だ。

  ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.5%上昇。ドルは対円で0.4%上げて1ドル=108円86銭。米10年債利回り上昇もドル高につながった。

  ドルは主要10通貨全てに対して上昇。特に豪ドル、ノルウェー・クローネ、カナダ・ドルに対して値上がりした。週を通じて見ると、ドルは総じてディフェンシブな動きが続いている。米経済統計の内容が市場予想を下回り、投資家の失望を誘っていることから、米金融政策当局の利上げ見通しも疑問視されている。

  米連邦準備制度理事会(FRB)が公表した地区連銀経済報告(ベージュブック)によれば、経済は過去数週間にわたり全国的に引き続き緩慢ないし緩やかなペースで拡大した。労働市場の タイト化に支えられて賃金が幅広く上昇した一方で、個人消費には強弱 が混在した。

  英下院はメイ首相が提出した6月8日総選挙実施の動議を可決した。メイ首相は前日、総選挙実施の意向を明らかにし、ポンド相場が急伸したがこの日は騰勢を失った。

原題:Dollar Gains Amid Advance Against Commodity-Reliant Currencies(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE