コンテンツにスキップする

中国の銀行、偽の高利回り商品販売か-リスク増幅懸念浮き彫り

  • 手形詐欺を隠すため規則に準拠しない理財商品を販売-財新報道
  • 民生銀行は幹部の1人が不正の疑いで警察の捜査を受けていると発表

中国の高利回りの運用商品、理財商品の偽物が中国の銀行の1支店で販売された疑いがあると、中国メディアが報じた。詐欺行為を隠蔽(いんぺい)するため販売したという。

  中国民生銀行で発覚したこの疑惑は、理財商品のリスクが増幅している可能性があることを浮き彫りにした。中国の預金者は理財商品や類似商品に9兆ドル(約980兆円)の資金をつぎ込んでいる。

  民生銀は18日、不正行為の疑いで幹部の1人が警察の捜査を受けていることを明らかにした。同国メディアの財新は、同行が約30億元(約470億円)に上る手形詐欺に関与したと伝えていた。

  財新によると、民生銀の幹部らは偽の銀行印を使って手形を偽造。それを隠すため、規則に準拠していない理財商品を販売して資金を集めようとした。他にも複数の銀行と100を超えるプライベートバンキングの顧客が影響を受けたとしている。

原題:Fake Wealth-Management Products Allegedly Sold at Chinese Bank(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE