コンテンツにスキップする

米中首脳の異なる時間軸-トランプ大統領はすぐに実現する成果求める

  • かなり顕著に対中貿易赤字を減らす「目に見える成果」を米側は期待
  • 中国側は枠組みの設定に何年もかかるBITの推進を望むとホン氏

トランプ米大統領と中国の習近平国家主席の米中経済関係を巡る時間軸は、大きく異なっているようだ。

  米フロリダ州で行われた米中首脳会談では貿易不均衡是正に向けた「100日計画」で合意。トランプ政権はこれに基づき、「かなり顕著」に対中貿易赤字を減らす「目に見える成果」を期待している。米財務省は14日公表した外国為替報告書で、中国を為替操作国として認定することを見送ったが、トランプ大統領は、古い産業が中心のいわゆるラストベルトの有権者に「中国バッシング」が選挙運動でのレトリックだけではないことを示す必要に迫られている。

トランプ米大統領

Source: Bloomberg)

  中国国営の新華社通信によれば、習主席は2国間投資協定(BIT)に向けた協議再開を優先課題の1つに掲げている。有権者をなだめることを気に掛ける必要がない習主席にとって、BITは経済改革を加速させる手段となり得る。

トランプ米大統領と中国、貿易戦争で激突するのか-QuickTake

  中国社会科学院のソン・ホン上級研究員は「米中両国は異なるペースで動いているようだ。トランプ大統領はすぐに実現できるものを求めており、中国側は、この先何年も枠組みの設定に時間がかかるBITの推進を望んでいる」と指摘した。

Trump's Target

  BITに関する交渉は10年近くに続いているが、協定の対象外とする経済分野を特定する「ネガティブリスト」が主な障害となっている。在中国米商業会議所のウィリアム・ザリット会頭は、米企業が中国で直面する不十分な市場アクセスや公平な競争条件の欠如に対処しなければ、貿易赤字の問題は解決できないと述べた。

原題:Trump’s Deficit Crusade Overshadows Xi’s Investment Treaty Pitch(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE