コンテンツにスキップする

TモバイルUS:米周波数帯取得、M&Aの戦略強化につながる公算

ドイツテレコム傘下のTモバイルUSが先週の米周波数オークションで成功を収めたことにより、携帯電話事業者やケーブルテレビ(CATV)会社と買収協議を行う際の交渉力強化につながるとみられている。

  米連邦通信委員会(FCC)が売り出した600メガヘルツ帯の周波数オークションでTモバイルは45%を取得した。落札額は80億ドル(約8680億円)。バンクハウス・ランペのアナリスト、ウォルフガング・シュペヒト氏はAT&Tやベライゾン・コミュニケーションズとの競争でTモバイルの地位が強化されるとみている。

  ケプラー・シュブルーのアナリスト、マティス・ファンレエヘンホースト氏は、周波数オークションの結果を受け、今年下半期にも始まる可能性がある米携帯電話事業者の統合機運の盛り上がりの中でTモバイルが「運転席に座ることになる」と話す。

  同氏はTモバイルがスプリントといった競合他社と合併する可能性もあり、規模を拡大するだけでなくシナジー効果も期待できると指摘した。

原題:T-Mobile Seen Strengthening M&A Hand With U.S. Airwaves Grab (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE