コンテンツにスキップする

中国で活動する米企業、数十年で最大級の厳しい環境-米商業会議所

中国で事業活動を行う米企業は2017年、この数十年で最大級の厳しい環境に直面している。在中国の米商業会議所が18日発表した年次の白書で、こうした認識を示した。

  米商業会議所は白書で、米中の政治・経済的移行や海外企業に対する敵対的意識の高まり、経済成長の鈍化が先行きの見通しを曇らせていると分析。開放や国際化が最近うたわれているものの、中国での投資障壁は依然として高いままだと指摘した。

  同会議所は「経済改革と市場開放のペースは緩慢でもたつきもある」と論じ、規制の透明性や知的財産保護などは改善しているが、中国の産業と国内トップクラスの企業を支援することを意図した政策により海外企業の参加余地が狭まっているとの見解を示した。
 
原題:AmCham Says U.S. Firms in China Face Worst Conditions in Decades(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE