コンテンツにスキップする

安倍首相:北朝鮮が対話に応じるよう圧力必要-米副大統領と会談

更新日時
  • 戦略的忍耐の時代は終わり、全ての選択肢がテーブル-ペンス氏
  • トランプ政権の北朝鮮政策を「評価」-安倍首相

安倍晋三首相は18日午後、来日中のペンス米副大統領と昼食を取りながら会談し、核、ミサイル開発を進める北朝鮮情勢について意見交換した。

  安倍首相は冒頭の写真撮影で、北朝鮮をめぐる問題は外交的、平和的に解決を図らなければならないのは当然だが、「対話のための対話になっては意味がない」と指摘。その上で、「北朝鮮が真剣に対話に応ずるように圧力を掛けていくことも必要」との認識を示した。

  これに対し、ペンス副大統領は戦略的忍耐の時代は終わり、全ての選択肢がテーブルにあるとの方針を示した。安倍首相は、トランプ政権のこうした対応を「評価する」とも語った。会談には岸田文雄外相、世耕弘成経済産業相らが同席した。

  萩生田光一官房副長官の記者説明によると、首相とペンス氏は安全保障問題について協議し、外務・防衛担当閣僚による日米安全保障協議委員会(2プラス2)の早期開催で一致。ペンス氏は北朝鮮をめぐる問題に中国が対応してくれると理解していると話した。

(最終段落を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE