ボーイングはワシントン州を含む複数拠点で数百人のエンジニア削減を計画している。航空機の売り上げ鈍化に直面する同社は、年内さらに人員を削減する可能性もある。ボーイングの広報担当者ダグ・アルダー氏は17日、労働組合への加盟いかんにかかわらず削減の対象となると説明した。

  今回の人員削減は6月23日付で実施される。ボーイングでは今年すでに1500人の機械工と305人のエンジニア、さらに技術職が希望退職に応じている。

  ボーイングの商用機部門でエンジニアリングのバイスプレジデントを務めるジョン・ハミルトン氏は17日付の従業員向け書簡で、「ビジネス環境や自主的な退職による自然減の規模次第では」エンジニアリング業務で追加削減を行う可能性があると述べ、「事業計画を遂行し、市場のさらなる課題に取り組む上で」削減は必須だと続けた。

原題:Boeing to Dismiss Hundreds of Engineers Amid Sales Slowdown (2)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE