コンテンツにスキップする

中国のアント、米マネーグラム買収提示額を36%引き上げ

  • マネーグラム取締役会も支持-全普通株・優先株を12億ドルと評価
  • ユーロネットが先月示した提示額を上回る

中国の資産家馬雲氏が率いるアント・ファイナンシャル(螞蟻金融服務集団)は、米送金サービスのマネーグラム・インターナショナルへの買収提示額を36%引き上げた。同社に対しては電子決済・電子取引処理ソリューションを手掛けるユーロネット・ワールドワイドも買収案を示している。

  アントとマネーグラムの共同発表文によれば、修正後の買収額は1株当たり現金18ドル。これまでは13.25ドルだった。この修正案はマネーグラムの取締役会も支持しており、全普通株・優先株の価値を12億ドル(約1300億円)と評価するもの。

  アントはマネーグラム買収計画を1月に発表。先月に入りユーロネットがダラスに本社を置くマネーグラムに1株15.20ドルでの買収案を提示した。アントは以前、馬氏が率いるアリババ・グループ・ホールディングの一部だったが、現在は別の法人格。

原題:Ant Financial Raises MoneyGram Bid 36% to Fend Off Euronet (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE