中国経済が1ー3月(第1四半期)に2四半期連続で加速した。投資が上向いたほか、3月に小売売上高が回復し、工業生産は加速した。

  国家統計局が17日発表した1―3月期の国内総生産(GDP)は前年同期比6.9%増。ブルームバーグがまとめたエコノミストの予想中央値は6.8%増だった。

  • 1-3月の都市部固定資産投資は前年同期比9.2%増と、昨年の8.1%増から加速した。
  • 3月の小売売上高は同10.9%増で、市場予想中央値は9.7%増だった。
  • 3月の工業生産は前年同月比7.6%増。市場予想中央値は6.3%増だった。

  オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)の大中華圏担当チーフエコノミスト、楊宇霆氏(香港在勤)は「近年で初めて中国は堅調なGDPで1年をスタートした」と指摘。「投資や不動産の好調のおかげで経済は良好に推移している」と付け加えた。

  生産者物価の上昇や工業生産の増加、与信拡大による投資の伸びを背景に中国の景気回復は一段と強固になりつつある。政策当局は金融リスクの緩和や過剰生産能力の抑制を目指しながら、より中立的な金融スタンスにシフトしている。

  不動産市場における最近の引き締め措置にもかかわらず、投資の勢いは大型インフラ計画を追い風に今後も強さを維持する可能性が高い。4月1日に発表された新経済圏「雄安新区」の創設構想は、巨額の建設投資の前触れであり、当局がより長期的な成長を支えるべく投資を引き続き頼りにする公算が大きいことを示唆している。

  不動産開発投資は1-3月期に前年同期比で9.1%増加した。1-2月は8.9%増、2016年は6.9%増だった。

原題:China’s Economy Accelerates as Retail, Investment Pick Up (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE