円が全面高、地政学リスクを警戒-対ドルは5カ月ぶり高値更新

更新日時
  • 一時108円13銭と、昨年11月15日以来のドル安・円高水準
  • 北朝鮮、何か動きが出てきた時に円が買われやすい-JPモルガン

17日の東京外国為替市場では、円が全面高。北朝鮮情勢など地政学リスクに対する警戒感から円買い圧力が根強く残った。対ドルでは、昨年11月15日以来の高値を更新した。

  午後4時10分現在の円は前週末比で主要16通貨全てに対して上昇。ドル・円は1ドル=108円34銭前後で推移している。朝方からドル売り・円買いが優勢となり、一時は108円13銭まで円買いが進んだ。地政学リスクへの警戒感に加え、前週末に発表された米消費者物価指数(CPI)が市場予想を下回り、米金利が低下したことなどがドルの重しとなった。主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.3%低下の1218.27。

  ソニーフィナンシャルホールディングス金融市場調査部の石川久美子為替アナリストは、北朝鮮、シリア、アフガニスタンなどの地政学リスクが不透明な中で、「ドルを積極的に買えない」と指摘。「戻りがあっても自律反発の範囲内。基調的にはもう少し下の水準を試すと思う。108円を割れるのは時間の問題」との見方を示した。

16日の北朝鮮によるミサイル発射失敗に関する記事はこちらをクリックしてください
トランプ政権の北朝鮮に対する対処計画についての記事はこちらをクリックしてください
 
  JPモルガン・チェースの佐々木融市場調査本部長は、「北朝鮮に関すると今後どうなるか分からない。市場は非常に神経質になるだろうから、次に何か動きが出てきた時に円が買われやすい。良くても何もないまま緊張状態が続くので、円ショート(売り建て)に振りにくい材料」と指摘。「日米10年金利差との相関が続いた場合、米10年金利が2.1%くらいまで落ちるとドル・円は107円前半まで落ちる計算」とも語った。

  米10年債利回りは、この日のアジア時間の取引で一時、前週末比4ベーシスポイント(bp)低下の2.1966%と2.2%を割り込み、昨年11月17日以来の低水準を付けた。

  米労働省が14日に発表した3月のCPIは前月比0.3%低下となり、2016年2月以来の低下に転じた。市場は前月比変わらずを見込んでいた。食品とエネルギーを除くコアCPIは前月比0.1%低下と、10年1月以来の低下に転じた。米商務省が同日発表した3月の小売売上高(季節調整済み)は前月比0.2%減少となり、2カ月連続で減少した。

円とドル

Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

  米財務省は14日に公表した外国為替報告書で、中国を為替操作国として認定することを見送った。「監視リスト」には、前回と同じく中国と韓国、日本、台湾、ドイツ、スイスの6カ国・地域が掲載された。

  三菱UFJモルガン・スタンレー証券の植野大作チーフ為替ストラテジストは、「為替報告書は、中国について北朝鮮問題対応とバーターで為替操作国認定しないという形。全体を見ても監視リストは変わらず、オバマ前政権のころから現状維持だ。トランプ政権に入って、内容が変わるのではないかという観測は肩すかし」になったと指摘。ただ、「為替操作国認定の条件が変わっていない中で、中国が1項目しか抵触していないのに監視リスト入りしていることに示されるように対米貿易黒字がウエートとして大きい」と分析した。

  中国がこの日発表した1-3月期国内総生産(GDP)は前年比6.9%増加となり、昨年10-12月期(同6.8%増加)から伸びが加速。3月の小売売上高は前年比10.9%増加(2月は10.9%増加)、工業生産は同7.6%増加(2月は6.0%増加)となり、いずれも市場予想を上回った。中国統計が良好だったことを背景に、豪ドルは対米ドルで堅調に推移している。

  ブラウン・ブラザーズ・ハリマン(BBH)外国為替部の村田雅志通貨ストラテジストは、「中国の経済指標は強い数字で良い結果だと思う。生産が加速しており、むしろ良過ぎるぐらい。中国経済は安定しているとの評価」と説明。「豪ドル・米ドルは少し反応したが限定的だった。ドル・円は、地政学的リスクとトランプ政権対応の先行き不透明感の高まりを嫌気している。中国景気の安定はドル・円のサポート材料だが、あまり影響していない。ペンス米副大統領の発言も中国指標の効果を中立化させたと思う」と述べた。

  韓国訪問中のペンス米副大統領は17日、北朝鮮との軍事境界線近くの国連軍基地・非武装地帯(DMZ)を視察。北朝鮮に関して、記者団に対し、中国支援の公算がある初期兆候に勇気を得るとしながらも、トランプ政権は「すべての選択肢をテーブルに乗せている」と発言した。同副大統領は18日に来日し、麻生副総理兼財務相と経済対話を行うほか、安倍首相を表敬訪問する予定。

  三菱東京UFJ銀行金融市場部為替グループの野本尚宏調査役は、「日米経済対話で為替について言及されるかどうかは警戒されそう」と指摘。「何もなければ、もう少しショートカバーで109円半ばくらいまではありそう。ただ、フランス大統領選の第1回投票を控え、地政学リスクも残っている中で、そこら辺までではないか」と見込んでいる。

  ユーロ・ドル相場は同時刻現在、0.1%高の1ユーロ=1.0625ドルで推移している。ユーロ・円相場は、0.2%安の1ユーロ=115円13銭。一時114円85銭と昨年11月9日以来のユーロ安・円高水準を付けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE