コンテンツにスキップする

米国の肉好きに朗報、ステーキやハンバーガーが割安に-牛肉増産で

  • 市場関係者やレストランは顧客に販売する牛肉を買い増し
  • 牛肉需要の拡大で生牛先物の買い越しが増加

米国では牛肉増産によりステーキやハンバーガーがようやく今夏、豚肉や鶏肉と競えるほどに割安となる見通しだ。

  生産の伸びを背景に、米国の食肉販売は活況を呈する見通しだ。米国人1人当たりの赤身肉と鶏肉の消費量は今年、3年前と比較して8%増えるとみられている。予想通りなら、1970年以降の政府のデータ上、最大の伸びとなる。特に牛肉は、小売価格が下落し競争力が高まっているため、消費者の需要が伸びると見込まれている。

買い増し

  小売業者やレストランは牛肉在庫を積み増しており、顧客が夏季の販売促進の恩恵を受ける見通しであることが示唆されている。米国と中国との牛肉貿易の再開が近づいている可能性があるという最近の報道も需要見通しの改善につながっている。世界2位の牛肉購入国である中国は、2003年以降に禁止していた米国産牛肉の輸入を再開しつつある。見通し改善でヘッジファンドの関心が集まり、生牛先物の買越残高は14年6月以来の高水準となっている。

原題:Carnivores Rejoice, Steaks and Burgers Are Cheap for Grilling(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE