北朝鮮は16日朝、何らかの弾道ミサイルを発射したが、直後に爆発した。同国はこれ以上の挑発を阻止しようとする米政府の警告を無視している。

  ペンス米副大統領はアジア歴訪の一環として同日ソウル南部の烏山に到着した。米国と韓国の軍当局は北朝鮮の東岸、新浦からのミサイル発射についてさらに分析を進めている。

  マティス国防長官は「トランプ大統領と米軍が北朝鮮の最新のミサイル発射失敗を承知している」との声明を発表。「大統領はこれ以上のコメントはない」と述べた。

  北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は15日に、平壌中心部で軍事パレードに出席。世界はトランプ政権との争いを引き起こす可能性がある挑発行動がないか警戒していた。同委員長は北米への核弾頭到達を可能にする兵器開発を追求し、北朝鮮は今年に入って弾道ミサイルの試射を繰り返している。

  韓国外務省は北朝鮮の動きについて「世界全体への脅迫的な行動だ」との声明を公表し、「核実験や大陸間弾道ミサイル(ICBM)のテストといった戦略的な挑発につながれば、北朝鮮は耐えることが困難な強力な制裁措置に直面するとわれわれは再度警告しなければならない」と述べた。

原題:Pence Lands in South Korea After North Defies Trump With Missile(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE