ロボットの仕事はピザ配達だけではない、爆弾処理や人命救助にも一役

米シリコンバレーの企業が、空港で出迎えたり、ホテルの部屋にスナック菓子を持ってきてくれたり、ピザを配達する新しいロボットを言いはやす昨今だが、数十年にわたって既にもっと重大な任務に携わってきたロボットがいる。

  例として挙げられるのが、米防衛企業ノースロップ・グラマンのロボット事業、ノースロップ・グラマン・リモーテックの製品だ。この事業は20年余り前、放射性物質を政府研究機関で移動させる機械のメーカーとして発足。それ以降、この機械は爆弾処理の支援ロボットへと発展を遂げ、人間には危険過ぎると軍や捜査当局が判断した現場に送り込まれてきた。

ノースロップ・グラマンのロボット

Photo by Camen Hodges for Bloomberg

  リモーテックのロボットは、自動車を切り開き、有害化学物質を検知する能力があるほか、自爆テロ犯が身に付けている爆弾を切り離し、爆発物を水中で安全に爆発させ、狙いを定めて人を撃つこともできる。また、暗闇の中でも視界を保ち、階段を登り、人質や人質を取った犯人とコミュニケーションを取り、重さが平均的な人間を上回る物体を軽々持ち上げることも可能だ。

  このロボットはイスラエル軍やイラク軍が利用しているのに加え、米国で400余りの警察署が所有している。ノースロップ・グラマンはこの数がさらに増えると考えている。脅威の認識が高まるのに伴い、一段と強力で高性能のロボットの需要が出てくるためだという。

  ロボットは、カリフォルニア・ハイウェー・パトロール(CHP)など全米の捜査機関が2001年9月11日の同時多発テロ後に獲得したツールの一つだ。CHPのチームは、05年に入手したノースロップ・グラマン製ロボットを爆弾処理などの治安業務に利用している。

爆弾処理ロボット

photo by Camen Hodges for Bloomberg

  CHPの爆弾処理班の責任者、デーブ・ケスラー巡査部長は、犯人は「われわれの技術の裏をかく方法を絶えず見つけ出そうとしている」と指摘。「こうした技術や、さらに高度な技術の必要性は常にある」と述べた。

原題:While Some Robots Learn to Deliver Pizza, These Are Saving Lives(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE