コンテンツにスキップする

米テスラのマスク氏、セミトラックやピックアップ投入予定の概要示す

  • テスラは「モデル3」最終版発表の2カ月後にセミトラック発表へ
  • 1年半から2年以内にピックアップトラックを公表

テスラの電気自動車(EV)ラインアップを充実させる計画が具体化してきた。イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)はセミトラックとピックアップトラック、スポーツカーの投入スケジュールについて概要を示した。

  マスク氏は13日のツイートで、セダン「モデル3」の最終版を7月に発表し、9月にEVのセミトラックを、1年半から2年以内にピックアップトラックをそれぞれお披露目する方針を明らかにした。テスラはまた、同社の最初のモデルである「ロードスター」をコンバチブル車として再投入する。

  同氏はこれまでもテスラの将来の製品を幾度か予告しており、昨年夏には「マスタープラン・パート2」を発表。モデル3の投入で自動車業界のニッチプレーヤーから量販メーカーに転換を狙っている同氏は「地上の輸送の主要形態を網羅」するためのビジョンを打ち出していた。13日のツイートで同氏はセミトラックについて、「チームが素晴らしい仕事をした。真面目に次のレベルだ」とコメントした。

  アナリストの間では、マスク氏のツイートがセミトラックの自動運転機能を暗示しているとの見方が浮上している。ロバート・W・ベアードのアナリスト、ベン・カロー氏は、「少なくとも半自動運転トラックだ」と述べ、「モデル3に全ての関心が集まっているものの、重要なのは、テスラで他の多くのプロジェクトも進行していることだ」と指摘した。テスラはマスク氏のツイート以上の内容についてコメントを控えた。

原題:Musk Lays Out Timeline for Tesla Semi Truck, Electric Pickup (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE