コンテンツにスキップする

ユナイテッド航空に強制降機させられた乗客、脳振とう起こす-弁護士

  • 弁護士チームが調査開始、ダオ氏は「恐らく」訴訟を起こす
  • 航空会社は長年「乗客いじめ」と弁護士が記者団に語る

米ユナイテッド航空機から引きずり降ろされた乗客、デービッド・ダオ氏は脳振とうを起こした上、鼻と歯2本を折った。同氏の弁護士チームの1人が13日明らかにした。

  ダオ氏(69歳)の弁護士チームは航空会社に対して法的請求の可能性を調査しており、「恐らく」訴訟を起こすだろうと同チームのトーマス・デメトリオ氏は述べた。ダオ氏は9日、シカゴからケンタッキー州ルイビルに向かう機内で降機を拒否。ソーシャルメディアに投稿された映像によると、座席から強制的に引き離され、通路を引きずられた。

  デメトリオ氏はシカゴで行った記者会見で「長きにわたり航空会社、特にユナイテッド航空は、われわれをいじめてきた」と指摘。「礼儀知らず、乗客いじめから、今や次のレベルに移行した。肉体的傷害だ」と述べた。

原題:United Passenger Dragged Off Jet Got Concussion, Lawyer Says (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE