コンテンツにスキップする

JPモルガン:1-3月利益予想上回る-トレーディング収入増加

米銀JPモルガン・チェースの1-3月(第1四半期)は、調整後1株利益が市場予想を上回った。トレーディング収入が増えたほか、融資の利ざやが拡大した。

  13日の発表によると、純利益は前年同期比17%増の64億5000万ドル(約7030億円、1株当たり1.65ドル)。前年同期は55億2000万ドル(同1.35ドル)だった。調整後1株利益は1.57ドルとなり、ブルームバーグがまとめたアナリスト23人の予想平均(同1.52ドル)を上回った。

  債券トレーディング収入は17%増え42億2000万ドル。株式トレーディング収入は予想に反して増え、2%増の16億1000万ドル。

  全行での収入は6%増の256億ドル。ブルームバーグがまとめたアナリスト予想平均は252億ドルだった。金利外費用は9%増え150億ドルとアナリスト予想の146億ドルを上回った。

  純金利利ざやは前四半期から11ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)拡大し2.33%。利ざや拡大は1年ぶりで、KBWのアナリストらの予想(4bp)を上回った。

Rising Rates, More Market Activity

原題:JPMorgan Surpasses Analysts’ Estimates as Trading Revenue Rises(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE