コンテンツにスキップする

中国当局、ケムチャイナのシンジェンタ買収を承認-あとはインドだけ

  • 米国とEUの反トラスト・競争法当局はすでに認可
  • シンジェンタは4-6月期の統合完了を見込んでいる

中国化工集団(ケムチャイナ)がスイスの農薬・種子メーカー、シンジェンタを430億ドル(約4兆6900億円)で買収する計画を中国当局が承認した。

  米国と欧州連合(EU)の反トラスト・競争法当局はすでに認可しており、あとはインドからの承認が得られれば、この買収は成立する。12日の発表資料によれば、シンジェンタは4-6月(第2四半期)の統合完了を見込んでいる。

原題:China Approves Syngenta Deal With ChemChina; Only India Remains(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE