国際線でアジア最大のキャセイ航空は、ルパート・ホッグ氏を同社の最高経営責任者(CEO)に指名した。朱国梁氏の後任となる。同社は通期ベースの決算が8年ぶりの赤字となった後、業績改善に取り組んでいる。

  キャセイが12日、証券取引所に提出した発表資料によると、ホッグ氏は5月1日付でCEOに就任する。同氏は親会社スワイヤー・グループに30年間勤務、14年3月からキャセイの最高執行責任者(COO)を務めていた。発表によれば、朱氏はジョン・スワイヤー&サンズの会長になる。

  キャセイでは通常、トップ人事交代は3年おきに行われているが、今回は同社が黒字転換を目指して着手した20年ぶりの大規模な事業再編の最中に実施された。同社は地域の低コスト航空会社との競争圧力にさらされている。

原題:Cathay Names Rupert Hogg as CEO After First Loss in 8 Years (2)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE