中国の習近平国家主席は12日、トランプ米大統領との電話会談で、北朝鮮問題を解決する方法は対話のみだと語った。トランプ大統領は海軍の空母打撃群を朝鮮半島の近海に向かわせ、単独で行動する用意があると表明していた。

  国営の中国中央テレビ局(CCTV)によると、習主席は全ての当事国が「平和的かつ対話と協議を通して対立を解消し、朝鮮半島の平和と安定に共に取り組むべきだ」と電話会談で語った。朝鮮半島非核化へのコミットメントをあらためて表明した。中国外務省によれば、トランプ大統領から電話をかけてきた。

  電話会談に先立ちトランプ大統領はツイッターで、北朝鮮は「自ら困った事態を招こうとしている」とし、中国なしでも米国単独で問題を解決する用意があるとコメントした。北朝鮮が核実験や弾道ミサイル発射の準備を示す中での米海軍の動きを受け、紛争勃発への懸念が高まった。

  トランプ大統領はFOXビジネス・ネットワークに対し、北朝鮮に向け「米国は非常に強力な無敵艦隊を派遣する」と発言。11日のツイッターへの一連の投稿で、中国が北朝鮮の暴走を抑えるため行動すれば米中2国間の貿易を巡る取り決めの条件改善につながるだろうと習主席に伝えたと明らかにした。両首脳は先週、米フロリダ州パームビーチで会談した。

  韓国政府は軍事衝突の可能性に関し、不安の払拭(ふっしょく)に努めている。韓国統一省の報道官は12日、地域の安全保障について心配することはないとし、韓国政府は米国を含め各国と緊張がエスカレートするのを阻止するため取り組んでいると語った。

  中国外務省の陸慷報道官は同日の定例記者会見で、「緊張をエスカレートさせる恐れのある行動を取ることは無責任であり危険ですらある」と言明。「全当事者が自制を旨とし、互いを挑発して火に油を注ぐことは避けるべきだ」と述べた。

  中国共産党の機関紙、人民日報の国際版、環球時報は社説で、現時点での北朝鮮核実験は米政府への「平手打ち」となり、そうした行動は中国が北朝鮮への石油輸出を制限することにつながる可能性があると論じた。

原題:Trump Discusses North Korea With China’s Xi as Tensions Rise(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE