コンテンツにスキップする

きょうの国内市況(4月12日):株式、債券、為替市場

国内市況の過去の記事はこちらです。指標はここをクリックして下さい。

●日本株続落し年初来安値、米金利低下と円高、北朝鮮-輸出、素材売り

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京株式相場は続落し、主要株価指数は年初来安値を更新。地政学リスクなどを背景に米国の長期金利が急低下、為替が5カ月ぶりのドル安・円高水準に振れ、企業業績に対する不透明感が広がった。自動車など輸出株、非鉄金属や化学など素材株、石油や証券株など幅広く安い。

  TOPIXの終値は前日比15.56ポイント(1%)安の1479.54、日経平均株価は195円26銭(1%)安の1万8552円61銭。TOPIXは昨年12月6日、日経平均は同7日以来の安値。

  水戸証券投資顧問部の酒井一チーフファンドマネージャーは、「米国経済指標の良さもかなり織り込み、北朝鮮情勢も結構長引くかもしれない。円安方向に戻る材料が見当たらない」と指摘。北朝鮮は合理的な行動を取るとは限らないため、週末から来週にかけて一番気になるとし、「投資戦略の立てようがなく、リスクを落とすしかない」と言う。

  東証1部33業種は石油・石炭製品、非鉄、証券・商品先物取引、輸送用機器、ガラス・土石製品、電機、卸売、化学、保険など30業種が下落。水産・農林と陸運、建設の3業種のみ小幅に上昇。売買代金上位では、監査法人の適正意見のない決算を発表した東芝、米自動車市場は既にピークに達してことしは縮小する、と米販売会社社長が述べたトヨタ自動車が軟調。今期利益計画がネガティブ視されたユニー・ファミリーマートホールディングスは大幅安となった。半面、JR九州や今期利益計画が予想を上回ったスギホールディングスは買われ、石川製作所、豊和工業など防衛・防護銘柄は連騰。

  • 東証1部の売買高は19億2407万株、売買代金は2兆2136億円
  • 値上がり銘柄数は221、値下がりは1722

●債券続伸、地政学リスクで長期金利4カ月ぶり水準-長期オペ減額なし

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)
  
  債券相場は続伸。長期金利は約4カ月ぶりの低水準を付けた。シリアや北朝鮮の問題で地政学リスクが高まる中、米長期金利が年初来最低水準に低下したことや円高・株安を受けて買い圧力が強まった。

  現物債市場で長期金利の指標となる新発10年物国債の346回債利回りは、日本相互証券が公表した前日午後3時時点の参照値より1.5ベーシスポイント(bp)低い0.02%と、新発債として昨年12月1日以来の水準まで下げた。

  パインブリッジ・インベストメンツ債券運用部の松川忠部長は、「北朝鮮やシリアの地政学リスク、フランス大統領選が不透明になってきて、米10年金利が2.3%を再び切ったことや株安・円高が影響した」と指摘。また、「5-10年オペの減額がなく、10年債に買い安心感が出た」と言う。
長期国債先物市場で中心限月6月物は前日比7銭高の150円75銭で取引開始。日銀オペ通知後に買いが強まり、午後に一時150円97銭と中心限月ベースで昨年11月15日以来の高値を付けた。結局、22銭高の150円90銭で取引を終えた。

  日銀はこの日、長期国債買い入れオペを実施した。残存期間「3年超5年以下」が300億円減額の3500億円となる一方、「1年超3年以下」は2800億円、「5年超10年以下」は4500億円と、それぞれ前回から金額が据え置かれた。応札倍率は「1年超3年以下」と「5年超10年以下」が4倍台に乗せるなどそれぞれ上昇したが、相場への影響は限られた。

●地政学リスク警戒で円が上昇、対ドルで約5カ月ぶりの円高値更新

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京外国為替市場では円が堅調。シリアや北朝鮮をめぐる地政学リスクへの警戒感の強まりを背景に円買いが優勢となっている。対ドルでは昨年11月以来の高値を付けた。

  午後4時32分現在のドル・円は前日比0.1%高の1ドル=109円73銭前後。地政学的リスクへの警戒度が高まって米金利低下と円買いが進んだ海外市場の流れを引き継ぎ、昨年11月17日以来となる109円35銭までドル安・円高が進んだ。下落が一巡すると新規材料に欠ける中、前日比横ばい付近まで戻している。

  三菱東京UFJ銀行グローバルマーケットリサーチの内田稔チーフアナリストは円高となった理由について、「シカゴIMMの円ショート(売り持ち)を解消するための円の買い戻しと、相場が不安定化する状況下で円高になることが多く、リスクを取れるプレーヤーがお金儲けのために円を買う動きという要因がある」と指摘。一方、「実際にリスクを回避する人が為替リスクを取って円を買っているということではないと思う」と述べた。

  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE