コンテンツにスキップする

米アマゾン、ホールフーズ買収を昨秋検討していた-関係者

  • 物言う投資家のジャナはホールフーズ株式の8.3%保有を発表
  • ジャナはホールフーズに身売りの可能性を検討するよう促す

米アマゾン・ドット・コムは昨年秋に米ホールフーズ・マーケットの買収を検討したが、実際には動かなかった。事情に詳しい関係者が明らかにした。アマゾンはホールフーズの買い手候補と考えられている。

  非公開情報であることを理由に関係者が匿名を条件に語ったところでは、アマゾンはホールフーズ買収が食料品販売ビジネスの活性化に役立つか検討したという。

  ホールフーズは以前から買収の標的と見なされてきたが、アクティビスト(物言う投資家)として知られる米ジャナ・パートナーズが株式を取得し、身売りの可能性を検討するよう促したことが今週明らかになり、観測が再燃した。アマゾンの担当者はコメントを控えている。

  ジャナは、ホールフーズ株式の8.3%を保有していると10日発表した。

原題:Amazon Said to Mull Whole Foods Bid Before Jana Stepped In (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE