中国の3月の生産者物価指数(PPI)上昇率は前月から鈍化した。世界的なインフレ見通しを抑える形となった。

  国家統計局が12日発表した3月のPPIは前年同月比7.6%上昇。ブルームバーグが調査したエコノミストの予想中央値では7.5%の伸びが見込まれていた。2月は7.8%上昇と直近のピークを付けていた。一方、消費者物価指数(CPI)は前年同月比0.9%上昇。2月は0.8%上昇だった。

  PPI上昇率の鈍化を受け、世界の需要回復を巡る楽観的な見方が後退し、世界のリフレに対する中国の寄与が抑えられる可能性もある。

  クレディ・アグリコルのシニアエコノミスト兼ストラテジスト、ダリウス・コワルツィク氏(香港在勤)はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「生産者レベルではインフレの勢いが強いように見える。利益が増え、投資余力も増すことからこれは良いことだ」と指摘した上で、「PPIはピークを付けたようだ。4-6月(第2四半期)はかなり高い水準を維持し、比較対象の前年水準が高くなる7-12月(下期)に鈍化し始めるだろう」と話した。

原題:China’s Factory Inflation Eases as Commodities Rebound Weakens(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE