コンテンツにスキップする

英銀HSBCが中国輝山乳業にデフォルトを通告-融資契約220億円

  • HSBCは「債務不履行事由」を申し立て
  • 上海の裁判所は輝山乳業関連の資産88億円相当を凍結

英銀HSBCホールディングスは酪農の中国輝山乳業に対し、2億米ドル(約220億円)の融資契約を巡りデフォルト(債務不履行)を通告した。輝山乳業の株価は先月、香港市場で急落したが、その理由ははっきりしていない。

  輝山乳業が香港証券取引所に10日遅く提出した資料によれば、HSBCは「債務不履行事由」を申し立てた。輝山乳業が融資契約の一部条項を満たせていないと判断したという。詳細は示されていない。

  同社によれば、対象の融資は2015年10月26日付で、元本の残高は米ドル部分が1億8000万米ドル、香港ドル部分が1億5600万香港ドル(約22億円)。

  輝山乳業はまた、同社と子会社、同社会長夫妻が保有する資産の合計約5億4600万元(約88億円)相当を上海の裁判所が凍結したと資料で説明。中国の運用会社、歌斐資産管理が申し立てをしていた。

  輝山乳業株は3月24日の香港市場で、前日比85%下落。1時間半足らずの間に同社の時価総額41億米ドル相当が吹き飛んだ。翌営業日以降は取引停止となっている。HSBCの広報担当者マギー・チャン氏(香港担当)はコメントを控えた。歌斐資産の親会社ノア・ホールディングスのグループ社長、ケニ-・ラム氏もコメントしなかった。

原題:Huishan Says HSBC Claims Loan Default as Court Freezes Assets(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE