コンテンツにスキップする

アジア株:下落、H株指数が安い-北朝鮮懸念で韓国株の下げ続く

11日のアジア株式相場は下落。香港上場の中国本土銘柄で構成するハンセン中国企業株(H株)指数が大きく下げている。円高警戒から日本株も売られている。

  日本時間午前11時40分前後の時点で、香港ではH株指数が1カ月ぶりの安値に向かっているほか、ハンセン指数も安い。

  シリアに加え北朝鮮を巡り緊張が高まっており、韓国株の下げも続いている。韓国の通貨ウォンは0.6%安と、6営業日続落。この間の下落率は3.1%に達した。

原題:Asia Stocks Slump as China Shares Drop, Yen Gains: Markets Wrap(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE