コンテンツにスキップする

フォードCEO:米中首脳会談、関係強化に寄与-中国EV投入拡大へ

  • 経済関係を「極めて慎重に進めていく」必要-フィールズCEO
  • ピックアップトラックで中国に「大きな機会」ある

米フォード・モーターのマーク・フィールズ最高経営責任者(CEO)は、フロリダ州で行われた米中首脳会談を両国関係の強化に向けた建設的な一歩だと称賛するとともに、電気自動車(EV)とピックアップトラックの中国投入を増やす計画を明らかにした。

  同CEOは8日、上海でのブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、トランプ米大統領と中国の習近平国家主席は直接会うことで親密になれると指摘し、「これが非常にしっかりとした基盤となり、2国間関係を強化する具体的な進展につながる。その可能性が高いと感じている」と語った。

  中国でのピックアップトラック販売拡大計画の概略を説明するイベントの前に、フィールズCEOは「貿易という観点で米中には大きな相互関係がある」と説明し、「この点において極めて慎重に進めていく必要がある。経済関係は全体的な関係の基礎だからだ」と述べた。

  フォードは6日、プラグインハイブリッドと電気を原動力とするスポーツタイプ多目的車(SUV)を中国に投入し、2020年までに電気パワートレインを現地製造する計画を示した。

  フィールズCEOは、中国は都市中心部でのピックアップトラック利用に関する規制緩和が進んでおり、売り上げを押し上げる「大きな機会」があると指摘。同社は人気の高い「ビルト・フォード・タフ」シリーズを中国に投入し、中型ピックアップトラックの「フォード・レンジャー」の販売を18年に始める計画だ。同CEOは「耐久性とタフさ」を兼ね備えたレンジャーを例に挙げ、「中国には満たされていない需要がある」と話した。

Ford plans to introduce pick-up trucks and make 70-percent of vehicles in China fully or partly electric by 2025.

Source: Bloomberg

原題:Ford CEO Says Trump-Xi Meeting Helps Strengthen U.S.-China Ties(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE