コンテンツにスキップする

アジア株:豪株が上昇、韓国株安い-投資家は米雇用・金融政策見極め

10日のアジア株式市場では、オーストラリアの主要株価指数が上昇している。円安を受け日本株も高い。投資家は3月の米雇用統計の影響や米金融引き締めの道筋を見極めようとしている。

  日本時間午後0時46分前後で、豪州のS&P/ASX200指数は0.6%高。一方、韓国総合株価指数は0.8%安。中国本土市場では、上海総合指数が0.3%下げている。

  IGのチーフ市場ストラテジスト、クリス・ウェストン氏はメルボルンからブルームバーグテレビジョンのインタビューに答え、米金融当局が市場から流動性を引き揚げ、中国にもそのような可能性がある中で、欧州中央銀行(ECB)も刺激策を縮小する公算があるなど、「世界がどうなるのか、顧客から多くの質問を受けている」と語った。

原題:Most Asian Stocks Rise as Yen’s Drop Lifts Topix: Markets Wrap(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE