コンテンツにスキップする

中国の海航、シンガポール物流会社に買収案提示へ-1100億円と評価

  • 海航実業集団がCWT株主に1株2.33シンガポール・ドル支払い提示
  • CWT株は10日のシンガポール市場で5年ぶりの大幅上昇

中国の海航実業集団はシンガポールの物流会社CWTに買収案を提示する計画だ。海航実業はCWTの価値を約14億シンガポール・ドル(約1100億円)と評価している。CWTの株価は10日のシンガポール市場で約5年ぶりの大幅上昇となった。

  海航実業集団は中国の複合企業である海航集団(HNAグループ)の傘下企業。海航実業が香港証券取引所に9日提出した資料によれば、同社はCWT株主に対して1株当たり2.33シンガポール・ドルを現金で支払う。

  CWTの株価は10日に一時、前営業日比10%高い2.28シンガポール・ドルを付けた。海航の発表資料によると、CWTに約32%出資している筆頭株主のC&Pホールディングスは保有株譲渡に同意しており、CWT株全体で見ると約65%相当の株主が買収案を受け入れている。

  海航はグランドハンドリング・サービス世界最大手のスイスポートインターナショナルを既に買収しており、CWTを手に入れれば物流事業の一層の強化につながる。買収実現には独禁当局の承認のほか、CWTに重大なマイナス材料が生じないことなどが条件となる。

原題:HNA to Offer $1 Billion for CWT in Deal to Add Logistics Network(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE