安倍晋三首相は9日午前、トランプ米大統領と電話会談し、シリアのアサド政権に対し、軍事行動を行った同大統領の同盟国・平和への関与を評価するとともに、北朝鮮問題について日米の緊密な連携が重要との認識で一致した。会談後の発言内容をNHKが報じた。

  安倍首相は官邸で記者団に対し、「シリアや北朝鮮について率直な意見交換を行うことができた」と述べた上で、「トランプ大統領が同盟国や世界の平和と安全のために強いコミットメントをしていることに対し高く評価した」と発言。会談は約45分におよんだという。

  北朝鮮問題については「日米が協力して緊密に連携していくことが重要であること、また、日米韓の結束が重要であることについて完全に一致した」と述べた。安倍首相は「中国の対応を大変注目している」とトランプ大統領に伝えたことも明らかにした。

  NHKの報道によると、今回の電話会談は米国側の呼び掛けで実現した。トランプ大統領はシリアで軍事行動に踏み切った理由について、女性や子どもを含む無実のシリア市民が多くの損害を受けたことを受け、化学兵器が二度と使用されないようにするために行ったと説明したという。

  

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE