コンテンツにスキップする

米中首脳、初会談終える-互いを知る機会だったと米側説明

  • 貿易に関する協定や北朝鮮巡る方針などの発表はなかった
  • 中国は貿易黒字削減への関心を表明した-ロス米商務長官

トランプ米大統領は7日、中国の習近平国家主席との2日間に及ぶフロリダ州での会談を終えた。世界1、2位の経済大国を率いる両首脳が互いを知る機会となった、と米政府当局者は説明しているが、会談の成果はそれだけだったのかもしれない。

  トランプ大統領が所有する会員制高級リゾート「マールアラーゴ」での米中会談の裏で、米国はシリアが化学兵器で多くの民間人を殺害したとし、巡航ミサイルによるシリア攻撃を断行。会談終了後も貿易や投資に関する協定の発表はなく、北朝鮮の核開発に対処するための合意や南シナ海の緊張緩和に向けた方針も示されなかった。

  ムニューシン米財務長官は記者団に対し、「われわれは非常に似通った経済的利益・関心を持っており、中国側が協力を明らかに望んでいる分野もある。われわれの目標は中国への輸出を増やすことだ」と述べた。

  ロス米商務長官は、「最も興味深かったのは中国側がマネーサプライとインフレへの影響を理由に貿易黒字削減への関心を表明したことだ。中国側がそうしたことを言うのを私は初めて聞いた」と話し、両国が貿易について協議する「100日計画」の策定で合意したと発表。ただ、詳細はほとんど明らかになっていない。

  トランプ大統領は6日、習主席がフロリダに到着する直前、シリア攻撃を命令。北朝鮮を巡り米中間の緊張が高まる中、国際社会のルールに従わない政権に対しては、米国による単独行動も辞さないとの意思を示した。

北朝鮮問題

  ティラーソン米国務長官は、北朝鮮問題での緊張を「解消するために話し合われた包括的合意のようなものはない」としながらも、状況が「非常に深刻な段階」に達しているとの点で習主席が同意したと語った。

  両首脳がそろった公の場でのシリア攻撃や北朝鮮への言及はなく、首脳会談の中心議題だったとみられる貿易などの問題に触れることもなかった。トランプ大統領は7日、米中代表団との会合で、「習主席と私が築いた関係は特別なものだと思っている。極めて悪化する恐れのある多くの問題がなくなっていくと考えている」と述べた。

  習主席はトランプ大統領の歓迎に感謝の意を示し、今回の会談は米中関係を促進させるという目的を果たしたと説明。通訳を通じ、「長時間にわたる深いコミュニケーションを持つことができた。より重要なことは、われわれが理解を深め、ある種の信頼を築いたということだ。まずは実務的関係、それに友情関係を築けた」と語った。ティラーソン国務長官によれば、トランプ大統領は習主席の求めに応じ、年内に中国を訪問することで合意した。

ウェスチングハウス

  東芝傘下の米ウェスチングハウス・エレクトリック(WH)が破産法適用を申請したことを受け、トランプ政権は中国の投資家がWHを買収する可能性を警戒し、米国または同盟国企業の買い手を探そうとしている。

  両首脳がこの問題に触れることはなかったが、ロス商務長官は「われわれは非常に注意深く見守っている」と表明。ムニューシン財務長官は「そうしたいかなる取引」であれ、対米外国投資委員会(CFIUS)による審査が必要となるだろうと指摘した。

  対米投資に絡んだ安全保障問題を扱うCFIUSは、海外投資家への米企業売却を阻止することができる。 

原題:Trump-Xi Summit’s Top Accomplishment: Getting to Know Each Other(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE