コンテンツにスキップする

欧州株:ほぼ変わらず、米軍のシリア攻撃と米雇用統計に注目

7日の欧州株式相場はほぼ変わらず。米軍のシリア攻撃と、強弱混在の米雇用統計が注目された。

  指標のストックス欧州600指数は前日比0.1%高の381.26で終了。一時は0.5%下げていた。週間ベースではほぼ変わらず。前週は1.2%上昇していた。この日は、電気通信株が下げた一方、消費財銘柄が買われた。

  ウェルズ・ファーゴ・インベストメント・インスティテュートのグローバル・マーケット・ストラテジスト、ポール・クリストファー氏は「米国の攻撃は限定的だった。目先新たな不透明感を生じさせない」とし、「シリアは投資家の注目材料だが、最大の関心は米経済に移った」と電話で語った。

Stocks Steady

原題:Europe Stocks Little Changed as Investors Weigh U.S. Data, Syria(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE