コンテンツにスキップする

ロシア・ルーブル急落-米国のシリア空爆が米ロ関係改善期待に冷や水

7日のロシア金融市場で、通貨ルーブルが急落。国債利回りは上昇した。米国のシリア空爆がトランプ新政権下での米ロ関係改善への期待に冷や水を浴びせた。

  モスクワ市場の取引開始時にルーブルは対ドルで前日比1.1%安と、約1カ月ぶりの大幅下落。ロシアのプーチン大統領は米国の攻撃は侵略だと断定、米ロ関係にダメージを与えると言明した。ルーブル建て国債の利回りは、2月以来の大きな上昇。

原題:Ruble Tumbles After U.S. Syria Strikes as Politics Eclipse Carry(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE