香港株:ほぼ変わらず-米軍のシリア攻撃・原油高でエネルギー株に買い

更新日時

7日の香港株式相場はほぼ変わらず。米軍によるシリア攻撃を受けてエネルギー株が買われ、下げをほぼ消す展開となった。

  中国本土銘柄で構成するハンセン中国企業株(H株)指数は前日比ほぼ変わらずの10273.80で終了。一時は1.3%下げていた。自動車株と金融銘柄の下げが目立った。シリア攻撃に伴う原油高で、ペトロチャイナ(中国石油、857 HK)は2.3%上昇した。

  ハンセン指数もほぼ変わらず。前週末比では0.7%値上がりした。

  本土市場の上海総合指数は0.2%上昇。際華集団(601718 CH)が防衛銘柄の上げを主導した。米軍は習近平・中国国家主席の訪米中にシリアへのミサイル攻撃に踏み切った。

原題:China H Shares Pare Losses as Oil Spike Lifts Energy Producers(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE