コンテンツにスキップする

世界最大のヘッジファンド、トレーディング責任者が退社-関係者

世界最大のヘッジファンド運用会社、米ブリッジウォーター・アソシエーツのトレーディング責任者ホセ・マルケス氏が在籍2年で同社を離れる計画だ。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  非公開情報であることを理由に同関係者が匿名で語ったところによると、このほかフロントオフィス・トランスフォーメーション責任者のジェフ・ウェッカー氏が既に退社した。ブリッジウォーターの担当者はコメントを控えた。ビジネス・インサイダーは6日に両氏の退社を先に報じていた。

  マルケス氏はドイツ銀行で電子株式約定グローバル責任者を務め、2015年にブリッジウォーターに入社した。ブリッジウォーターは1カ月ほど前には、経営陣刷新でジョン・ルービンスタイン共同最高経営責任者(CEO)の退社を発表している。

  ブリッジウォーターは資産家レイ・ダリオ氏が率い、運用資産は約1600億ドル(約17兆7500億円)。

原題:Bridgewater’s Head of Trading Jose Marques Said to Leave (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE