コンテンツにスキップする

完璧なサラダ作るロボット「サリー」、米シリコンバレーに登場

米シリコンバレーでパーフェクトなサラダを作ることだけが得意なシェフが登場する。「サリー」という名の専用ロボットだ。

1491254574_silicon-valley-salad-robot-06

サラダ作成ロボット「サリー」

Photographer: Kristen Loken

  サリーを製造した米チャウボティクス(Chowbotics)は、成長が期待される食品サービス用ロボットの市場で存在感を示している新興企業だ。大きさは小型冷蔵庫並みとコンパクト。ロメインレタス、ケール、グリルドチキン、パルメザンチーズ、クルミ、ミニトマト、オリーブなど21の具材を組み合わせ、千種類余りのサラダを約60秒で作ってくれる。

1491254561_silicon-valley-salad-robot-02

サラダのカロリー計算も「サリー」がやってくれる

Photographer: Kristen Loken

サラダ作りの過程は外から見えるつくりだ。重量は350ポンド(約160キログラム)あるため現時点では業務用サイズだが、将来は軽量化に向かうと、サリーを考案したチャウボティクス創業者のディーパク・セカー氏(35)は話す。

1491254557_silicon-valley-salad-robot-01

サリーを考案したディーパク・セカー氏(右)

Photographer: Kristen Loken

  セカー氏によれば、サリーには数多くの利点がある。人間より手早くサラダが作れるため、「次世代のサラダレストラン」になれそうだという点に加え、サラダのカロリーが正確にわかる。さらに、機械が作ったサラダの方が人の手に触れないため衛生的だ。

  サリーはこの春、米カリフォルニア州サンタクララにあるファストカジュアル・レストラン「ママ・ミアズ」と、テキサス州にあるH-E-Bグローサリーの社員食堂でデビューする。より一般向けには、4月13日にサンフランシスコの共有オフィススペース「ガルバナイズ」で運用開始となる。

1491254566_silicon-valley-salad-robot-04

「サリー」は21の具材から1000種類余りのサラダを作ることができる

Photographer: Kristen Loken

  サリーのメーカー希望小売価格は3万ドル(約330万円)で、いずれは月約500ドルでリースする選択肢も提供する。7-9月(第3四半期)に予約注文分の出荷開始が予定されている。

原題:Meet Sally, the Robot Who Makes Perfect Salads(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE