コンテンツにスキップする

欧州株:3日続伸、一時の下げを解消-石油・天然ガス株に買い

6日の欧州株式相場は3営業日続伸。米連邦準備制度理事会(FRB)が前日公表した連邦公開市場委員会(FOMC)議事録では、当局者がバランスシート縮小を年内に開始する可能性を示したことが懸念されたものの、石油・天然ガス株が買われ全体を押し上げた。

  指標のストックス欧州600指数は前日比0.2%高の380.77で引けた。一時は0.8%安となった。不動産株指数は昨年10月以来の高水準に達したほか、原油高を手掛かりに石油・ガス株も高い。米当局のバランスシート縮小で利上げの必要性が後退するとの懸念が和らいだことを背景に、銀行株指数は1.3%安から上昇に転じ、0.3%高で終了。

  個別銘柄では英蘭系日用日メーカーのユニリーバが1%上昇。米クラフト・ハインツによる買収提案を拒否した後、ユニリーバは株価押し上げを狙い、自社株購入と増配のほか、スプレッド部門を売却する計画を明らかにした。

原題:European Stocks Edge Higher as Investors Shrug Off Fed Concern(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE