コンテンツにスキップする

中国4大銀行、昨年は約1万8000人減少-大規模な支店網スリム化

中国の4大銀行の総人員数は2016年に減少した。螞蟻金融服務集団(アント・ファイナンシャル)やテンセント・ホールディングス(騰訊)などのオンライン決済会社との競争に直面する中で、各行がコストを削減し、大規模な支店網の見直しに取り組んだ。

  中国工商銀行(ICBC)と中国建設銀行、中国農業銀行、中国銀行の4大銀の16年末行員数は合わせて1万7824人減少した。各行が先週発表した決算資料の分析で明らかになった。中国の銀行の支店網で働く人は推計300万人に上り、各行がスリム化に努めていることも、この数字に反映されている。

  群益証券の李彬アナリスト(上海在勤)は5日の電話取材に対し、「銀行はもはや支店で働く行員をそんなに多く必要としていない。顧客はもうそれほど多くの紙幣を取引に使っておらず、インターネットバンキングが非常に発達している。人々は最近では異なるサービスを銀行に期待している」と述べた。

  中国銀行業協会によれば、16年に中国の銀行取引の84%強は実際の支店以外で完了した。13年当時は約63%だった。より便利な携帯電話での決済サービスが旧来型の銀行業務を侵食し、各行は支店人員を減らしているが、なお国内金融システムの急激な変化についていくのに苦慮している。

原題:China’s Army of Bank Tellers Retreats as Payments Move Online(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE