コンテンツにスキップする

ヤム・チャイナ株、時間外で急上昇-「ピザハット」上向き業績改善

  • ヤム・チャイナは昨年ヤム・ブランズから分離
  • 株価は業績発表後に時間外で32ドル-通常取引終値に比べ14%上昇

ファストフードチェーンを展開する米ヤム・ブランズから分離したヤム・チャイナ・ホールディングスの株価が5日の米市場の時間外取引で一時、通常取引の終値に比べて14%上昇した。運営する「ピザハット」の事業改善が寄与し、第1四半期の業績(監査前)が市場予想を上回った。

  ピザハットの既存店売上高は2月28日に終了した同四半期に2%増加した。コンセンサス・メトリックスによれば、アナリストらは横ばいを予想していた。1株当たりの利益は44セント、予想平均は38セントだった。

  ヤム・チャイナの株価は業績発表後に時間外で32ドルまで上昇した。5日の通常取引終値(28.18ドル)は、年初からは7.9%高い水準だ。ヤム・ブランズ株の年初来の上昇率は1%に満たない。

  ヤム・チャイナはメニューをシンプルにし、サービスのスピードを向上させることでピザハットの立て直しに取り組んでいる。第1四半期は「KFC」の既存店売上高も1%増となり、アナリスト予想の2.4%減を上回った。ヤム・チャイナ全体の既存店売上高も1%増だった。

原題:Yum China Soars After Pizza Hut Turnaround Fuels Earnings (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE