コンテンツにスキップする

シードリル株が続落、破産申請準備との観測-債権者・株主との協議続く

ノルウェー出身の資産家ジョン・フレドリクセン氏率いる石油掘削請負会社シードリルの株価は5日、オスロ市場で続落している。株主および債権者との協議が続く中、同社が破産法適用申請に追い込まれるとの観測が広がっている。

  シードリル株はオスロ時間午前9時44分(日本時間午後4時44分)現在、前日比1.69ノルウェー・クローネ(20%)安の7クローネ。前日は38%急落し、上場来安値で引けた。

  同社は4日、計29億ドル(約3220億円)の融資の期間延長で銀行と合意し債務再編の期限を今月末から7月31日に先送りすることに成功したが、米連邦破産法11条の適用を申請する可能性にも言及した。フレドリクセン氏は同日のノルウェー紙ダーゲンス・ナーリングスリーブとのインタビューで、最終的に破産法適用を申請するかどうかは分からないと述べた。

原題:Seadrill Plunges for Second Day Amid Speculation Over Bankruptcy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE