アジア株:下落、日韓や香港で売り広がる-米中首脳会談控え

5日のアジア株式相場は下落。米中首脳会談を週内に控える中で、投資家が米国の追加利上げと経済成長のさらなる手掛かりを待っている。

  MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後0時59分現在、前日比0.2%安。日本株が安いほか、香港市場ではハンセン指数が下落。韓国総合株価指数も下げている。中国本土市場では上海株が高い。

  海通国際証券集団のセールストレーディング担当マネジングディレクター、アンドルー・サリバン氏(香港在勤)は、「多くの懸念材料がある。中国の習近平国家主席とトランプ米大統領の会談の結果が鍵だ」と述べた。

原題:Asia Shares Slump Before Data, Summit; Yen Climbs : Markets Wrap(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE