米国が中国化工集団のシンジェンタ買収を承認-事業売却の条件付き

中国化工集団(ケムチャイナ)はスイスの農薬・種子メーカー、シンジェンタを430億ドル(約4兆7600億円)で買収する計画について米国の反トラスト(独占禁止)当局の認可を受けた。中国による最大規模の外国企業買収が成功に向け一歩近づいた。

  米連邦取引委員会(FTC)は4日、中国化工とシンジェンタの統合を完了する条件として、両社に対し米国での3つの種類の農薬事業を売却するよう求めていると発表した。

  中国では独禁法当局が引き続きこの計画を審査しているほか、欧州連合(EU)は18日までに審査を終えるとしている。

原題:ChemChina Wins U.S. Approval for $43 Billion Syngenta Takeover(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE