中国のメディア・インターネットを中心とする企業グループ、楽視が米国の従業員への支払いを遅らせた。事情に詳しい関係者が明らかにした。賈躍亭氏率いる楽視が資金不足に陥っている新たな兆しとなっている。

  楽視の米従業員は通常、毎月15日と最終日に支払いを受けるが、同社は3月31日分の支払いを4月4日まで遅らすと従業員に通知した。非公開情報だとして関係者が匿名を条件に述べた。関係者の1人は、中国からの送金に関する問題だと会社側は説明していると話した。

  楽視は急成長を遂げたが、賈氏は昨年後半、資金調達に苦しんでいることを認めた。一部の供給業者は楽視の支払いが遅れ、同社は一部のスポーツ放映権を失ったと指摘していた。

  楽視の広報担当者は4月4日に支払いは行われたと述べた。

原題:Troubled Chinese Giant LeEco Said to Delay Paying U.S. Employees(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE