海外の金融経済・企業関連ニュースの主な項目は次の通り(日時は現地時間)。記事は◎をクリックしてください。

◎JABホールディングがパネラ・ブレッド買収で交渉進展-関係者

◎フェイスブックの上訴を州最高裁が棄却-ユーザー情報提供の令状巡り

◎米国務、国防、財務長官やバノン氏らフロリダ入り-米中首脳会談で

◎ルペン、マクロン両氏支持率、25%に低下-仏大統領選調査

◎市場はリスクオフに入った、できる所で利益を確定しよう-マクロ分析

◎南ア・ランド、対ドルで14ランドまで下落の公算-スタンダードバンク

◎米共和党上院院内総務:最高裁人事の「核オプション」で十分な票確保

◎タルーロFRB理事:ストレステストの質的審査は不要な可能性

◎JPモルガンのダイモン氏、米国は強いが「何か間違っている」

◎米リッチモンド連銀総裁が辞任-12年の機密情報流出への関与で

◎JPモルガン:1Qの投資銀収入、前四半期比横ばい-年次報告書

◎米Lブランズ株が4年ぶり安値、シティが投資判断を引き下げ

◎イバンカ・トランプ氏、職業実習プログラムの拡大を企業に要請

◎米下院議長の国境調整税、反対激しく窮地に-舞台はホワイトハウスへ

◎ホワイトハウス、付加価値税と炭素税の導入検討-ワシントン・ポスト

◎トランプ米大統領:インフラ建設計画、承認に要する期間短縮を望む

◎自動車関連株が続落、ただしパニックは不要-JPモルガン

◎航空株が軒並み下落、デルタが業績見通し下方修正

◎ラルフ・ローレン:マンハッタン5番街「ポロ」店舗閉鎖、人員削減へ

◎トランプ大統領:米中首脳会談、貿易赤字や北朝鮮について協議する

◎オバマケア代替法案、まだ構想の段階-ライアン米下院議長

◎アキュイティー・ブランズ株急落、2Q決算が予想下回る

◎アルゼンチンの長期債格付け「B」に上げ、見通し「安定的」-S&P

◎米デルタ航空:1Qのユニットレベニュー予想引き下げ

◎ドラギECB総裁:ユーロへの支持、危機前の最高水準と並ぶ

◎ロス米商務長官:トランプ氏は貿易の不正を正す行動起こす-FT

◎ゴールドマンの前本部ビル、カナダ年金部門が近く買収合意か-関係者

◎米貿易赤字:2月は436億ドルに縮小、4カ月ぶり低水準

◎米製造業受注:2月は前月比1%増-市場予想と一致

◎米アルファベットの投資判断下げ、広告でアマゾンから逆風-BMO

◎BofAの判断下げ、大統領選後のアウトパフォーマンスで-シティ

◎南アの格下げ検討、30-90日要する可能性-ムーディーズ

◎エヌビディアの判断下げ、市場の飽和状態で-パシフィック・クレスト

◎リターン30%のルーンストーン・ファンド、運用資産3倍増を射程内に

◎トランプ大統領の「入国審査」、アドレス帳や思想もチェックか-WSJ

◎仏大統領選挙:ルペン氏支持上昇し1位、マクロン氏と2ポイント差

◎ノボトニー氏:ECB政策のプラス効果は明らかにリスクを上回る

◎ボーイング、イランのアーセマーン航空と30機で覚書-30億ドル相当

◎ルペン氏とマクロン氏25%、メランション氏が15%に上昇-イプソス調査

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE