コンテンツにスキップする

4月3日の海外株式・債券・為替・商品市場

更新日時

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は 次の通り。

◎NY外為:ドル、円やユーロに対して下落-110円台後半

  3日のニューヨーク外国為替市場ではドルが対ユーロと対円で下落。一方、カナダ・ドルに対しては3週間ぶりの大幅高となった。今週発表される主要経済指標に注目が集まっている。

  米ドルはカナダ・ドルに対し1米ドル=1.3400カナダ・ドルの高値を付けた。米10年債利回りは一時2.33%まで低下した。米供給管理協会(ISM)が発表した製造業総合景況指数は拡大ペースの減速を示した。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは対円で前週末比0.4%安の1ドル=110円90銭。対ユーロでは0.2%下落の1ユーロ=1.0670ドル。主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数はほぼ変わらず。

  トロントのトレーダー数人によると、カナダ・ドルの値動きは合併・買収(M&A)関連のフローが影響していることを示唆している。加セノバス・エナジーは29日、米コノコ・フィリップスから共同所有する事業の権益を買収すると発表。この日のカナダ・ドルの軟調はこの取引に絡んだフローか、あるいはそれを見込んだフローが影響した可能性があるという。

  ブラウン・ブラザーズ・ハリマンの通貨戦略グローバル責任者、マーク・チャンドラー氏はリポートで、「金利上昇が第2四半期にドルの支援材料になる可能性が高い」と指摘した。

  ロンドンのトレーダーによれば、ドルは対円で米国債利回りの低下につれて下落し、この日の安値110円86銭を付けた。ただ、商いは非常に薄かったという。

  対円でのドルは3月30日に付けた110円94銭近辺や3月の安値水準である110円ちょうど近くの水準が支持線になる可能性がある。

  フランス大統領選の討論会を控え、対ユーロでドルがやや軟化した。無所属候補、マクロン前経済相は仏紙ルモンドに、極右のルペン国民戦線(FN)党首勝利の可能性を排除できないと語った。
原題:Dollar Gains Most in Three Weeks Against Loonie While Yen Climbs(抜粋)

◎米国株:下落、自動車メーカーに売り-小型株が8日ぶりの下げ

    3日の米国株は下落。国債の利回り低下や原油安を背景に銀行株やエネルギー株が売られた。自動車メーカー各社が発表した3月の販売統計が予想よりも悪かったことが嫌気され、フォード・モーターやゼネラル・モーターズ(GM)はいずれも下げた。

  S&P500種株価指数は前営業日比0.2%安の2358.84、ダウ工業株30種平均は13.01ドル(0.1%)安の20650.21ドル。 ナスダック総合指数は0.3%低下した。

  小型株は軟調。ラッセル2000指数は8営業日ぶりに下げ、この日は1.2%値下がりした。

  S&P500種自動車・部品指数は2.3%下落し、昨年12月以来の低水準に落ち込んだ。

  昨年の米大統領選挙前からこれまでにS&P500種は14%上昇。企業利益の回復やトランプ大統領が掲げた公約の実行に対する投資家の期待などが背景にあった。

  オッペンハイマーのチーフ市場ストラテジスト、ジョン・ストルツファス氏(ニューヨーク在勤)は「この先数カ月間はワシントンや世界各地の政治動向がニュースの中心となり注目されるだろう。当社は投資家の関心が企業決算や経済統計、金融政策当局者の見解に集まるだろうとみている」と述べた。

  アナリスト予想によるとS&P500種採用企業の第1四半期利益は9.7%増。特にテクノロジーや金融が良好だったとみられている。

  テスラは7.3%上昇。1-3月(第1四半期)の出荷台数は過去最高となり、アナリスト予想を上回った。

  JPモルガン・チェースやシティグループは来週決算を発表する予定。
原題:U.S. Stocks Fall, Led by Automakers; Small-Caps Snap 7-Day Gain(抜粋)

◎米国債:上昇、株価下落で-10年債利回りは2月以来の低水準

  3日の米国債相場は上昇。株式相場の下落が手掛かり。10年債利回りは2月以来の低水準となった。

  ニューヨーク時間午後4時59分現在、10年債利回りは前週末比7ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.32%と、2月27日以来の低水準。

  30年債利回りは6bp下げて2.95%。

  債券市場のインフレ期待指標である米10年債と同年限TIPSの利回り格差(ブレークイーブンレート)は、原油相場の下落を手掛かりに1.97ポイントを下回った。

  BMOキャピタル・マーケッツは、7日の米雇用統計発表に向けて「リスクの非対称性」を予想。利回りは、上昇した場合よりも低下した場合の方がその度合いが大きくなる可能性があると指摘した。

  モルガン・スタンレーは、トランプ政権が超長期債の発行計画を進めるとの見通しから、米国債のイールドカーブにはスティープ化の圧力がかかっていると分析した。

  スティープ化をもたらし得る他の要因としては、3月の雇用統計や米国債の入札予定などがあるとしている。
原題:Treasuries Rally Drives 10-Year Yield to Lowest Since February(抜粋)

◎NY金:上昇、自動車販売が軟調で-利上げペースに関して懐疑的

  3日のニューヨーク金先物相場は上昇。自動車販売が市場予想を下回ったことから、米利上げのペースに関して懐疑的な見方が強まった。

  ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月限は前週末比0.2%高の1オンス=1254ドルで終了。

  軟調な自動車販売は「FOMCの利上げペースがやや遅くなることを示唆しており、それは金にとってプラスとなる傾向がある」と、ロズランド・キャピタルのシニア経済アドバイザー、ジェフリー・ニコルズ氏が述べた。

  銀先物5月限は0.2%安の18.212ドル、プラチナ先物7月限は0.6%高の958.20ドル、パラジウム先物6月限は0.6%高の802.55ドル。
原題:Gold Futures Advance, Industrial Metals Sag on Weaker Auto Sales(抜粋)

◎NY原油:反落、リビアの生産増加を嫌気

  3日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が反落。リビア最大のシャララ油田の操業再開が重しとなり、石油輸出国機構(OPEC)減産を巡る楽観論の影が薄れた。

  匿名の関係者によると、リビアの原油生産量はシャララ油田の再開後に日量約66万バレルに増加した。トラディション・エナジー(コネティカット州スタンフォード)の市場調査責任者、ジーン・マクギリアン氏は電話インタビューで、ここ数営業日の「相場上昇はOPECの減産合意延長の兆候を受けたものだった」が、この日は「リビア生産量の回復が相場上昇を失速させた」と指摘した。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物5月限は前週末比36セント(0.71%)安の1バレル=50.24ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント6月限は41セント安い53.12ドルで取引を終えた。
原題:Oil Falls as Libya Production Rebound Seen Offsetting OPEC Curbs(抜粋)

◎欧州株:5日ぶり下落、一時の上げ消す-銀行など景気敏感株に売り

  3日の欧州株式相場は5営業日ぶりに下落。1-3月期に四半期ベースで2014年以降で最長の上げとなったことを見極める動きが強まり、景気敏感株を中心に売られた。

  指標のストックス欧州600指数は前週末比0.5%安の379.29で終了。一時は0.4%上げていた。業種別では、銀行株の下げが最もきつく、自動車と保険株がこれに続いた。これら銘柄は世界的な景気拡大への期待から、昨年11月以降買われてきた。ストックス600指数は前週末に2015年12月以来の高値を付けた。

  アクセンド・マーケッツのアナリスト、マイク・ファンデュルケン氏はリポートで、トランプ米大統領と習近平中国国家主席の会談を控え、「新たな四半期に入ったトランプ大統領の通商政策の検証と、楽観と勢いが十分維持されるかどうかが今週は全てだ」と語った。

  ドイツのDAX指数は0.5%下落。一時、0.5%上昇し2015年に付けた終値ベースの過去最高値を上回る場面もあった。
原題:European Stocks End Four-Day Advance as Bank Shares LeadLosses(抜粋)  

◎欧州債:ドイツ国債が上昇-ECB要人発言や仏大統領選巡る懸念で

  3日の欧州債市場ではドイツ国債が上昇。プラートECB理事の発
言が支援材料。フランス大統領選に絡んだリスクヘッジから独2年債が
買われ、米国債の上昇を受けて上げ幅を拡大した。

  イタリア長期債は、スペイン長期債を下回るパフォーマンスで、両
国債のスプレッドは約5bp拡大。
  
  トレーダーによれば、最近の起債でディラーらはロングポジシ ョン
に偏っており、これが重しになっている。

  取引終わりにかけては銀行団を通じた30年債発行の臆測が生じた
が、広がりはみられない。
原題:Bunds Rally on Dovish ECB Repricing; End-of-Day Curves,
Spreads(抜粋)

(NY外為、米国債を更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE